薪ストーブとクルマを中心としたオハナシ

gogo130i.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 24日

更にCVTのロックアップが遅くなったので!!

先日12月11日にアップしたブログで、

CVTのロックアップが遅いことを取り上げましたが、

( ロックアップとはいっても、CVTなので、暖気後のハイギアードモード と解釈してください )

その後、さらに厳しい寒波がやって来て、、、

寒冷地しか起こりえない現象が、、、

、、、

まず、

ロックアップしません

そして、

ロックアップしても、

信号待ちや長い下り坂を走行すると、

CVT本体が冷えて、

ローギアードになったままとなります。

平坦路60Km/h で、2400〜2600回転といったところ

瞬間燃費も、平坦路走行にもかかわらず、20Km/Lを割り込みます。

、、、

これは、ノートを購入した意味が無いということで、

Dラーに乗り込む!!

「 なんとかして〜 」

、、、

とりあえず、試験的にラジエーターの8割を段ボールで覆い、

どんな感じになるか、やってみましょうということに、、

、、、

いまのところ。。。

とても良い方向へ向っている!!

飛ばさなければロックアップするじゃない!!

瞬間燃費が、納車当時のように30Km/Lが連発

朝の通勤時 マイナス16〜20度台ではさすがに、

高速道路の緩い下り坂等、負荷のかからない道路では

回転が上昇傾向となるが、ラジエーターを覆う前と比較すると、

回転の高い時間が減っている。


回転が高い時にアクセルを5秒間ほど全開にすると、

CVTの温度が上昇するのであろうか、ロックアップモードに入り、

また10〜30秒くらいで冷却系の温度が下がり、

また回転が上昇し燃費が落ちる!!

つまり、高速走行では、まだオーバークール傾向!!

、、、

会社からの帰宅時は、一般道路を走行。。

外気温は、マイナス8〜11度

暖房も、9月下旬に納車以降で一番効いている!!

とても暖かい!!

B15サニーより暖かい!!


燃費も暖気運転をさっ引いて、納車時と遜色無し!!

70Km/h で走行しても、完全にロックアップし、

980回転から1100回転くらいで、とてもハイギアード!!

イサオと変わらない暖かさ!!

これなら家内も満足するだろう!!

、、、

ただ、Dラーとしては、車輛保証の関係があるので、

メーカーとしての対応が決まるまでの間、もう少しラジエータの覆いを

少なくさせて欲しいとのこと!!

、、、

私的に言うと、、、

ロックアップは確かに増えたが、

負荷がかからないようなハイスピード巡航走行などの場合、

まだオーバークール!!

ゆっくり走る分には、この覆いでOK!!

、、、

うちのBMW 130iは、抵抗の多い冬のスタッドレスタイヤでも、

厳寒時の燃費の落ち込みが全くありません。

外気温マイナス10度くらいで、暖気運転無しで走行開始、

走行時間で3〜4分すると、暖かい暖房風が出てきます!!

マイナス10度での高速道路走行においての瞬間燃費も、

9月頃と変わらず・・・

これはいったいどういうことなのでしょうか??


BMW 130iの取説には、

暖気運転をせず、走行して下さいと。。。

理由として、エンジンだけが暖まっても、ミッション・デフは冷たいままなので、

エンジンが暖まったからといってビューンと加速していくと、

ミッション・デフなど駆動系の負担が相当あるらしい!!


それに、BMWの本国ドイツでは、暖気運転は御法度!!

そんな国なので、如何に速くエンジンをはじめとする動力系を暖めるか、

又、如何に車内を速く暖めるかということを重点的に設計されている。

排気量の小さい、BMW ミニも暖気は速かった!!

暖気後の燃費の落ち込みが全くなかった。

、、、

私が乗っていた、K11マーチも厳寒時の燃費落ち込みが無かったような

感じがします。

、、、

以前には大方の車種で寒冷地仕様の開弁温度が高いサーモスタットがあり、

今はコストダウンだろうか、ほとんどの車種で存在しません。

、、、

とりあえず、オーバーヒートはエンジンにとって致命傷となるので万全の対策をし、

オーバークールは致命傷にはならないので、燃費の悪いのは目をつぶって貰おうという

メーカーの驕りが感じられる。

、、、

9月下旬、新型ノートが納車された時点での燃費は、21〜27Km/L と素晴らしい燃費!!

それが、現在は、15〜17Km/Lまで落ち込んでいる。

渋滞路ではなく、とても空いている巡航運転メインで!!

、、、

「 イヤ〜 燃費が落ちているのは 暖気運転が長いからね〜 」なんていうのは、

片道 一般道37Km 高速経由だと47Km の私には通用しません!!

、、、

今回ラジエーターの大半を覆ってみて、やはりエンジンやCVTが冷え過ぎ

ということが、立証された!!

、、、

このノートって、ヨーロッパでも販売されるとのことなので、

早急に冷却系のコントロールを見直し、もっと幅広い温度環境で高性能を

発揮するクルマにしてほしい!!

( ひょっとして、K13マーチのヨーロッパ仕様は、日本仕様とは異なる制御だったりして )

、、

早く私のノートの厳寒時燃費も改善してほしい、、、

、、、

冬の北海道東部では、このノート、、、

エコカーではありません!!

、、、

以 上
[PR]

by gogo130i | 2012-12-24 00:13 | ノートニスモS | Comments(4)
Commented by wonderfullifewith at 2012-12-25 09:26
やはり冗談抜きに段ボール作戦だったんですね。
あとはオイルパンにも段ボールか絨毯でしょうか。
きっとこれもマイナーチェンジ後で改善されるんでしょうね(と願いたい)。
我が家のキューブ3、やはりボディの長さが災いしてか6年24000kmですが、全体からガタピシ聞こえてうるさいです。
個人的には乗り換えたいです。
Commented by gogo130i at 2012-12-25 22:59
新型ノートで私みたいに感じているオーナーが
チラホラ出ているようです。
陸別のテストコースで本当にテストしたのかな
という疑念が残ります!!

この段ボール
結構効きますよ!!
ただ、マイナス10度を割り込む環境では
ラジエーターの5分の4を覆ったくらいでは、
足りないです。

毎日、こんなに気温が変動すると、
ラジエーターの覆いを電子制御してもらわないと
チョッとめんどくさいですね。

この前、最新型のキューブに乗りましたが、
キューブのフロントまわりって、妙に広くて
変な感覚でした。

そういう意味では、ノートの方が自然な感じがします。

ガタビシって、内装とかですか???
Commented by wonderfullifewith at 2012-12-26 15:35
陸別でテストしてこんな仕上がりって、ちょっと考えにくいですね。
グリルに温度調整式ルーバーが欲しいですね。
いや、そういう付け焼き刃じゃなくて、もっと根底からしっかり作り込んで欲しいですよね(笑)。

キューブ、ガタピシはボディ全体から聞こえてきますね。
剛性感が全くありません。
Commented by gogo130i at 2012-12-28 00:30
なんか、
初期型は、新しモノ好き以外、
手を出してはいけないという
典型的なモデル?!
旧型エルグランドにしても、キャラバン
にしても、ディーゼルエンジン版の
寒冷地仕様には、ラジエーターシャッター
があり、ディーゼルの様に熱効率が高い
ノートSC仕様にも、同様なシャッターが
必須ではないかと。。。

キューブのBMWが作れば、、
300万円?!
大ヒットの予感

現実になる様、祈ってます!!


<< この3台でどれか2台といえば      ここは更別のとある道で、、 >>