薪ストーブとクルマを中心としたオハナシ

gogo130i.exblog.jp
ブログトップ

タグ:異音 ( 2 ) タグの人気記事


2016年 08月 24日

異音について

ノートにお乗りの方で、
異音に悩まされている方がおられますね。

ニスモシリーズは、サスペンション・ボディー
タイヤがスポーティーになっている為、
内装その他、異音を発生しやすいですね。

いろいろやって見ますと、音が出ている箇所が
発見出来ます。

とりあえず、アップします。

まず、左右のドアを開けると目に付く蓋のようなもの!!
これが意外と異音の元になってますね。。。

この蓋を外し、接触するぐるりに防振テープを張ります。
左右とも同じ感じで。

左側は開けるとヒューズボックスになってますが、
右側は開けても何もありますん。

f0127382_13125593.jpg

f0127382_131238100.jpg


左右のドアの内張りと、ドア本体の金属部分が浮いて遊んでおり、
振動で異音が出ます。

ここも内張とドア本体との間に防振テープを貼ります。
左右のドアとも同じ感覚です。

f0127382_1313154.jpg


下の写真の矢印部分を外すと、その奥の方に、ウォッシャー液のパイプが縦に、
走ってますので、ボディーとパイプの間に、防振テープ等かまして、
ボディーとパイプが触れないようにします。

f0127382_1313758.jpg



お次は、燃料コック ボンネット操作レバーです。
これは、エンジンマウントをニスモ強化型にした直後から発生しました。

このレバーと、エンジン振動が変に共振してます。
それを抑える為、レバーの裏に重目の防振ゴムを貼ります。
すると、共振しなくなりました。

f0127382_13131782.jpg


あとは、エンジンルームの中の左側で、ユラユラしている、
ウォッシャー液のパイプとハーネスをテープで固定し、
ボディーに引き込まれている部分にも防振処理をします。

f0127382_1313125.jpg


また、ウォッシャー液のタンクに行くパイプがボディーを干渉しているので、
そこもテープ等で防振処理をします。

f0127382_13132133.jpg


これで、ある程度異音が止まると思います。


これらは全て自己責任ですので、
お願いいたします。

これをディーラーでやってもらうのも手ですね!!
[PR]

by gogo130i | 2016-08-24 07:58 | ノートニスモS | Comments(2)
2010年 03月 13日

リアハッチの異音!!


ですが、下記写真のトランク底面のフタがバタつくことで、

異音が発生していました。

f0127382_1901154.jpg


以前も防振ゴムで振動対策を行っておりましたが、

トランクの底板を固定していない為、やや音が穏やかになった

くらいで、異音はしておりました。

今回は、試験的に磁石の力で固定しました。

まず、底板の受け側に磁石を取り付ける。

f0127382_1902996.jpg


底板の裏へ金属のワッシャーを、受け側に取り付けた磁石と

ピッタリ合うように取り付ける。

f0127382_1905156.jpg


この対策で、底板が衝撃でバウンドすることがほぼ無くなります。

・・・

130i のリアサスペンションは固く、荒れた路面の振動はボディーに

ダイレクトに伝わる感じで、底板はその振動によって、

パタパタ振動します。

・・・

磁石で固定することにより、9割以上、不快振動を取り除けます。

とてもスッキリした佇まいになります。

かなり鋭角な継ぎ目を通過しても以前のように、運転席の背中に不快な

振動を感じることもなく、とてもいい感じです。

燃料が少なくなっても OK です。

・・・

底板の振動さえ抑え込めれば、どんな方法でも良いと思います。

・・・

いろいろ工夫してみてください。

・・・

成功を祈る!!!

・・・
[PR]

by gogo130i | 2010-03-13 19:18 | Comments(0)